こんな人にオススメです

・「美」と「健康」を手に入れたい
・人に与える印象を良くしたい
・姿勢矯正の「技術」を仕事に活用したい
・スポーツの能力向上を目指したい
・介護やリハビリに生かしたい
・モデル、タレントとして活躍したい

「姿勢を正して!」と言われても

「姿勢を正して!」多くの人が、子供の頃からさんざんこう言われてきたことでしょう。しかし、なぜそうする必要があるのか説明を受けたことがないため、それが大切なことだという認識があまりないように感じます。

「確かに、姿勢が悪いとだらしなく見える。とはいえ、背筋をピンと伸ばすとすぐに疲れてしまう。背中が少々丸まっているほうがラクだし、このままでいいか……」こうして「悪い姿勢」が常態化してしまいます。

一方で、ヨガやピラティス、整体、エステ、フィットネスなどウェルネス関係の仕事をしている人、モデルのお仕事をしている人、スポーツをしている人、そして介護事業やリハビリ事業に関わっている人にとっては、「姿勢」はとても重要なものだと認識されています。企業の研修担当者などにとっても、大きなテーマです。

これを読んでくださっているあなたも、姿勢の重要性に気づいている一人でしょう。颯爽として美しい女性は、例外なく姿勢が綺麗です。ビジネスの現場でとても印象の良い男性も、大抵姿勢が美しい。高齢になっても溌剌としている人の背中は「まっすぐ」です。「姿勢」と「若さ」は、明らかに関係が深い。

しかし、です。

多くの人にとって「姿勢」は、聞き飽きた言葉です。そのため、「姿勢が大事なんです!」といくら熱く伝えても、相手にはさほど響かない、という事実を知っておく必要があります。実際、ご自身の生徒さんやお客さんに姿勢の重要性を説いても、「いまいち伝わらない……」と、もどかしい思いをしたことはないでしょうか。

このような状況で、「姿勢を良くすれば第一印象が良くなります」とか「体幹を鍛えて姿勢を良くしましょう」などと言われても、「まあ、そうなんでしょうが……」と濁った返事が返ってくるだけです。

なぜ、「姿勢が大事なのか」「姿勢が良くなった先に何があるのか」をきちんと説明しない限り、生徒さんやお客さんは自分の姿勢と向き合おうとはしません。

「美&健康」と「姿勢」に橋をかける

「美&健康」と「姿勢」に
橋をかける

美しいスタイルや、人生100年時代をしなやかに生きる健康な体を求めている人は、たくさんいます。そんな人たちに、それを手に入れるためには「姿勢」がポイントであることを理解させ、さらに楽しみながら姿勢矯正をしてもらうことが、姿勢矯正インストラクターの「腕の見せどころ」です。

美と健康のために、「姿勢をなおす」を“自分ごと”にしてもらうわけです。そのためには、以下の3つを磨く必要があります。

1、技術
2、知識
3、言葉


姿勢矯正の「技術」や「知識」はもちろん、インストラクターはそれを伝える「言葉」を持っていなければなりません。そもそも「姿勢の悪化」が人体にどう影響しているかを伝えることができるでしょうか!?

「姿勢」は、首、肩、背中、腰、股関節、ひざ、足指などさまざまな部位の状態の「結果」です。首の後ろが縮めば、アゴが突き出る。巻き肩になれば、それに連動して背中も丸くなる。その結果、体に様々な不調が起こります。

例えば「猫背」。

猫背は、悪い印象を与えるだけでなく、健康面においても、大きな問題をひき起こします。「背中が丸まる」ということは、体の前面にある胸やお腹を縮ませることになります。これによって内臓がつねに潰れた状態になり、胃腸などの臓器の動きを悪くします。

ゼロトレによって「便秘が解消した!」というお声をたくさんいただきますが、これは背中や腰が伸びたことで内臓の動きが良くなったことが原因だと考えられます。逆に言うと、姿勢が悪いだけで、便秘まで引き起こしてしまうわけです。

また、腰にも悪影響が。特に、座っているとき。猫背になると、背中に重力を受け、体が上から潰されたような状態になり、腰を圧迫して負担が大きくなります。慢性腰痛に悩まされている人は、大抵、猫背です。

スマホを見る時の姿勢ひとつでも、首や肩、腰にかかる負荷は大きく変わります。悪姿勢で日常生活をおくっていると、体にはダメージがどんどん蓄積してしまうのです。その事実を伝えることで、聞き手は「自分の姿勢」について、初めて考えるようになります。

ニューヨーカーの背中が「まっすぐ」なワケ

ニューヨークの高齢者の多くは、驚くほどに背筋が伸びています。健康への意識が高いニューヨーカーたちは、「姿勢の良さ」が体にいかにいい影響を及ぼすのかを知っているのでしょう。

ただでさえ、ニューヨークの冬は極寒です。マイナス10度や20度は当たり前。突き刺すような冷たい風が吹くこの地で、背中を丸めずに歩くというのは、すごいことです。これが自然にできるのは、普段から背中をまっすぐに保つためのトレーニングやケアをしっかり行っている証拠です。ニューヨーカーたちは、体のケアのために「パーソナルトレーナー」をつけるのが当たり前で、これも姿勢が良い一因でしょう。

「背中」は、体の中でも、とても面積の大きい部位です。しかも、臓器と隣あわせになっています。背中が丸まることで、体全体が上から潰されてぺしゃんこになります。首や肩、腰、ひざに負担がかかり、内臓を潰してその動きを悪くしてしまう。呼吸も浅くなることでしょう。

「まっすぐ、伸びやかな背中」に生まれ変わることは、人生100年時代を生き抜く大きなテーマです。寝たきりを予防し、いつまでも自分の脚で歩けるようにするためには、「まっすぐな背中」が必要なのです。

「良い姿勢」って、どんな姿勢!?

では、「良い姿勢」とはどんな姿勢のことでしょうか? 私たちBody Tone New Yorkの提唱する「良い姿勢」は、以下です。

「見た目が美しく、体に負荷のかからない健康的な姿勢」

体の各部位が本来の「位置」と「長さ」を取り戻すことで、スラッと美しくなる。こうなると重力の影響を受けにくいため、疲れやコリ、痛みが消えていきます。そんな羽が生えたような「軽い体」を手に入れられる姿勢こそが、「良い姿勢」です。

じつは、きちっとしたメソッドを習得すれば、誰でも、簡単にこの姿勢を手に入れ、キープすることができます。

この方法を伝授するのが「Body Tone New York 姿勢矯正インストラクター資格」講座です。世界最高レベルのアジャスト(調整)力を誇る石村友見の「技術」「知識」「言葉」のすべてを、あなたに惜しみなくお伝えします。内容は以下の通りです。

「姿勢矯正インストラクター資格」講座の内容

時間:330分(5時間半)*休憩あり
料金 : 早期割引 85,600円 / 通常価格 91,000円(いずれも税込)

以下の「基礎編」と「応用編」を同時に学んでいただきます。

◎基礎編:「良い姿勢」のつくりかた

① 「良い姿勢」が与える5つの影響力
1、健康になる (体への負担が少ない)
2、スタイルが良くなる (大切なのは「体重」ではなく「フォルム」)
3、印象が良くなる (誠実で、品よく、可憐に見える)
4、集中力が増す (リラックスできて「やるべきこと」にフォーカスできる)
5、自信にみなぎる (良い姿勢は自己肯定感を生む)

② どうすれば「良い姿勢」になるのか
・「丸腰」を「●●腰」に変える
・「つま先重心」を「●●●重心」に変える
・「斜め首」を「●●●●●首」に変える

③ 「5つの塊(かたまり)」をゆるめるストレッチ
1、「前傾首」をゆるめる“肩開きストレッチ”
2、「巻き肩」をゆるめる“胸開きストレッチ”
3、「閉じた股関節」をゆるめる“テコストレッチ”
4、「ねじり膝」をゆるめる“まっすぐストレッチ”
5、「山型の足」をゆるめる“しゃがみストレッチ”


④ 丸腰を●●腰にするエクササイズ
1、ローランジ・エクササイズ
2、壁の犬エクササイズ
3、壁のインテンスサイド・エクササイズ
4、ヒップアップ・エクササイズ

⑤ 「良い姿勢」をつくる3ステップ
1、「●●」をしめ、自然に●●●重心になるように立つ
2、「●」を回旋させ、肩が耳の下になるように
3、「●」の後ろを伸ばして、完成!

◎応用編:「良い姿勢」の教え方

⑥ インストラクターとして「どうなると」成功したと言えるのか!?
1、単価が「時間●円以上」とれる
2、クライアントの●%以上が「リピーター」になる
3、広告しなくても「口コミ」で集客できる
4、SNSで「タグ付け」される
5、メディアによばれる「●●」をもつ
6、その道の「プロ」が習いにくる
7、クライアントに愛される

⑦ 「良い姿勢」を魅せる6つのシーン
1、登場で心をつかむ「ドアの開け方」
2、オーラをはなつ「立ち方」
3、振り向かれる「歩き方」
4、品よく見せる「座り方」
5、美声が出る「話し方」
6、爽やかな余韻を残す「去り方」

⑧ インストラクターの8つの心得
1、クライアントに●●を「5回以上」繰り返す
2、人の容姿は「資質」でなく「●●」
3、絶対に「●●」と言わない
4、「好み」ではなく「●●」に基づく
5、ビフォー・アフターで「●●●●●」を認識させる
6、やりすぎない、与えすぎない
7、その日の「●●●●●」をひとつだけ与える
8、「●●●●●」になれたら何をもたらすのか考えさせる

◎質疑応答
◎「資格修了書」授与

以上が講座の内容になります。秘匿性の高い内容なので、どうしてもここでは伏字(●●)が多くなってしまいますが、受講してくださった方には、余すところなくお伝えさせていただきますね。

ご自身の「美」と「健康」のためはもちろん、お仕事に「姿勢矯正」の技術を活用したい人には“目から鱗”の連続になるはずです。姿勢矯正は体の“土台”をつくる作業。これによって、

◎歩くとき、立つとき、座るときなど、毎日の生活がラクになる
◎話すとき、登場するとき、去るときなど、人に「魅せる」ことができる
◎人に与える印象が良くなり、仕事のパフォーマンスが上がる
◎体から疲れやだるさが消えるので、集中力が増し、仕事の効率が上がる


などのメリットがあります。これまでの受講者の顔ぶれとその目的も、じつに様々です。

・音楽家(座り方のせいでパフォーマンスが落ちている)
・話し方講師(登場するときにオーラを出したい)
・看護師(子供たちに関心を持ってもらう話し方を身に付けたい)
・人材育成の講師(威厳があるように見せたい)
・バスケットボール選手(体の使い方が偏っているため左右のバランスを整えたい)
・学校の教師(子供たちに姿勢の大切さを説きたい)
・ヨガ、ピラティス講師(技術を身につけてキャリアアップしたい)
・舞台女優(遠くまで届く発声を身につけたい)
・主婦(30年来の猫背を治したい) など

受講された方々は、皆さんとても満足してお帰りになります。ここでしか受けられない“本物”の姿勢矯正のワザを、ぜひ受け取ってください。

「お申し込み」から「予約完了」までの流れ

1.お申し込みフォームから予約する
このページの下部からご希望のレッスンを選択してください。選択後のお申し込みフォーム画面にて、必須事項をご記入し「予約を申し込む」をクリックすると「予約受付」となります。
2.「お振込先」を指定したメールをご返信します
「お申し込みフォーム」からお申し込みいただくと、こちらから「振込先」「金額」「振り込み期日」ほか、当日の詳細をお知らせするメールをお送りします。 この段階では、まだ「予約」は完了していませんのでご注意ください。
3.ご入金を確認次第「予約完了」となります。
ご入金を確認させていただき次第、こちらから「予約完了メール」をお送りさせていただきます。これにて「予約完了」となります。

*期日までにご入金を確認できなかった方は、当日お越しいただいてもご参加できませんので、あらかじめご了承ください。
*振込手数料はお客様のご負担にてお願いします。また、お支払いいただきました費用は、キャンセルの場合でもご返金できません。

必要なお持ち物

1.ヨガマット
*お持ちでない方には「500円」でお貸出しいたします。 ただし、数に限りがあります(10枚)ので、満数に達した時点で終了とします。 必要な方は「お申し込みフォーム」の「コメント」にてご連絡ください。
2.バスタオル1枚
3.動きやすい服装(体形が見やすい体にフィットしたもの)

4.お写真の撮れるもの(スマートフォン、デジタルカメラなど)
5.筆記用具(メモ帳とペン)

講座当日のお願いとご注意点

*スタジオによっては、ロッカーがない場所もあります。あらかじめお着替えになってお越しいただけると、当日スムーズにご参加いただけます。
*当日はレッスン開始時間の15分前より開場いたします。
*録音、動画の撮影は、肖像権および知的財産権の侵害になりますので、固くお断りします。

そのほかご不明な点などございましたら、以下までご連絡をください。
お問い合わせページへ

それではお越しをお待ちしております。よろしくお願いします!

今後の開催スケジュール

ご希望の日時のレッスンの「お申し込み」をクリックして、「お申し込みフォーム」からご予約ください。

姿勢矯正インストラクター資格講座

2019年11月23日(土)

12:00 - 17:30

東京都 渋谷区恵比寿南 1-20-9 レンタルスペースさくら恵比寿南 3F

¥91,000(税込)

担当講師:石村友見(弊社代表)

Sold Out!
姿勢矯正インストラクター資格講座(11/8まで早期割引)

2019年11月23日(土)

12:00 - 17:30

東京都 渋谷区恵比寿南 1-20-9 レンタルスペースさくら恵比寿南 3F

¥85,600(税込)

担当講師:石村友見(弊社代表)